朝霧森林倶楽部の概要

特定非営利活動法人朝霧森林倶楽部の概要について

朝霧森林倶楽部は平成16年4月に任意団体として発足し、26年度末の会員数は32名でした。

私たちの活動は基本的にはボランティア作業であり、主とする事業としては毎月2回、定例で行う間伐作業がメインです。

これまで、年間約10Haの面積を目標に、町有林、民有林、学校林など、ヒノキ、スギの、手入れの行き届かぬ森林の間伐を行ってきました。

目指すところは健全な山、森林の姿ですが、間伐作業を行うことでの健康維持、増進も目的のひとつです。また、間伐以外の活動などにも取り組み、行政や地域との協働の輪を広げ、地域の課題解決に少しでも貢献したいと考えます。

間伐作業以外では右の欄に挙げた活動内容です。事業のページで少し詳しく述べています。

平成27年5月12日、かねてよりの懸案事項でありましたNPO法人化につき、高知県の認証を得、5月14日には登記も完了、特定非営利活動法人として新たな姿となりました。今後はNPO法人としての目的にも掲げていますように、地域への貢献という理念も念頭に置きながら活動を続けてゆきたいと念じております。

法人化が成りました朝霧森林倶楽部のメンバー定款27年度事業計画活動予算につきましてはそれぞれのページを設けていますので、それぞれのページも閲覧していただきますようお願いします。

作業メンバー